ダンベル体操する金髪女性

2種類のダイエット法

運動しないダイエットなど効果がない

ダイエットの方法は大きく分け2つあります。 1つはサプリメントなどを用い吸収されなくし、摂取カロリーを減らす方法。 もう1つは筋肉をつけて基礎体温を上げる方法です。 人は朝起きてご飯を食べないと脳や体を動かすエネルギーがないです。そこで一番簡単に調達できる方法は筋肉を分解することです。筋肉が必要分しかなくなると次に仕方なく、脂肪を分解します。つまり体にとっては生存のため、筋肉より脂肪のほうが大切なのです。 筋肉が低下すると基礎代謝や体温が低下します。 1日の消費カロリーのうち半分以上は基礎代謝が占めているため、痩せにくい体質になります。またあまり食べないと酵素を作るタンパクが少なくなるため一時的なダイエットにはなりますが、すぐに効果が薄くなってきます。

しっかり筋肉をつけて痩せる

筋肉は脂肪より重いため、筋肉がつき脂肪が減少しても体重は増えます。 よって体重だけで見るダイエットでは失敗です。 しかし週2回くらいのウォキングやジョギングでも筋肉はきちんとつきます。 筋肉があると見た目がスラットし、見た目重視のダイエットではかなりかっこよくなります。 基礎代謝が上がり痩せやすい体質であり、体温が上がるため免疫力アップにつながり、見た目も良くなる。つまりいいことだらけです。 運動をするために朝活として職場まで自転車通勤や週末ジムでトレーニングなどを行う女性の方が多くいます。 健康的に痩せていることが実感でき、また鏡を見れば体型がいいことを目で確認できることが人気の秘訣です。 ダイエットは運動しないで、薬や食事制限だけでは絶対成功しません。

ページの上部へ